森林工芸館のあれこれ

森林工芸館のあれこれTOP

森林工芸館のあれこれとは?

森林工芸館をはじめとする、共同工房、どま工房の3館の取り組みを、わかりやすく、楽しく知ることができる情報発信紙です。もっともっと知ってもらう場面を作りたいっ!という思いから、2020年(令和2年)4月より毎月発行しています。

◎今月の「あれこれ」

あれこれno.18(2021.9月号)を発行しました。
今回は、身近なモノの使いやすい大きさについてご紹介しています。
下記のPDFをご覧ください

◎バックナンバー

3館の情報発信紙「森林工芸館のあれこれ」について

どんな内容?
★知っているようで知らなかったオケクラフトの作り方
★共同工房って、どんな風に使われているの?
★秋岡芳夫さんって、どんな人? などなど

なかなか聞きづらい森林工芸館の「あれこれ」。
皆さんに知ってもらって、オケクラフトをもっと身近に。
もっと気軽に立ち寄れる場所に。
まずは、オケクラフトを支えてくれている町民の皆さんに、もっともっと知ってもらう場面を作りたいっ!
そんな思いから、この情報発信紙を発行しています。
おもしろがってみてもらえると嬉しいです。

どんなコーナがあるの?
●発行時期
2020年(令和2)年4月より 毎月1号

●設置場所(敬称略)
○置戸町内
森林工芸館、どま工房、中央公民館(各地区公民館)、図書館、ぽっぽ、役場、勝山温泉ゆぅゆ、オケクラフトショップくつろ木
○北海道内
オホーツク木のプラザ(北見市)、果夢林の館(北見市)、森の美術館 木夢(西興部村)、木楽館(遠軽町)、木芸館(遠軽町)、木のおもちゃワールド館ちゃちゃワールド(遠軽町)、美幌林業館(美幌町)、あおぞら交流館(紋別市)、TSKOOL (津別町)
○北海道外
モノ・モノ(東京都)
※太字は特設ブース

●発行形態
A4サイズ両面印刷(こちらにも掲載します)
このページの情報に関するお問い合わせ先
オケクラフトセンター森林工芸館TEL:0157-52-3170FAX:0157-52-3388