郷土資料館

先人の偉業をしのび、置戸のきのう、きょう、そしてあしたへ

 置戸町郷土資料館には、約2万年前の旧石器時代のものから、ごく最近まで使用されてきた生活用具や産業機具などが展示されています。
収集作業は、昭和30年の旧石器調査から始まっていますが、本格的な収集作業に入ったのは、昭和45年、置戸町立図書館の中に設けられた郷土資料室の設置からです。
 昭和62年中央公民館の新築に伴い、不用となった建物を改装して「置戸町立郷土資料館」として有効に活用することとなり、昭和63年11月にオープン。その後も少しずつですが、資料の充実が進められてきています。特に、林業に関する資料と、鳥のはく製などの自然に関する資料は、どこの資料館にも劣らない数が展示されています。
 収集活動を始めて30有余年を経て、収蔵数及び展示数は約1万点にも及んでいます。

観覧のご案内

開館期間毎年4月第3土曜日~11月第1土曜日の間の第1、第3土曜日
開館時間午後1時~午後4時
  • 団体等特別のお申し込みがあったときは、随時開館いたします。
このページの情報に関するお問い合わせ先
置戸町役場 社会教育課TEL:0157-52-3075FAX:0157-52-3169