マイナンバー制度

■独自利用事務について

【独自利用事務とは】
置戸町において、マイナンバー法に規定された事務(いわゆる法定事務)以外のマイナンバーを利用する事務(以下「独自利用事務」という。)について独自に番号を利用するものについて、マイナンバー法第9条第2項に基づく条例に定めています。
 この独自利用事務のうち、個人情報保護委員会規則で定める要件を満たすものについては、情報提供ネットワークシステムを使用した他の地方公共団体等との情報連携が可能とされています。(マイナンバー法第19条第8号)
【独自利用事務の情報連携に係る届出について】
置戸町の独自利用事務のうち、情報連携を行うものについては、次のとおり個人情報保護委員会に届出を行っており(マイナンバー法第19条第8号及び個人情報保護委員会規則第4条第1項に基づく届出)、承認されています。
執行機関届出番号独自利用事務の名称
置戸町1置戸町乳幼児等医療費の助成に関する条例(平成16年6月29日条例第22号)による医療費の助成に関する事務
置戸町2置戸町重度心身障害者及びひとり親家庭等医療費の助成に関する条例(平成16年6月29日条例第21号)による医療費の支給に関する事務(重度心身障害者)
置戸町3置戸町重度心身障害者及びひとり親家庭等医療費の助成に関する条例(平成16年6月29日条例第21号)による医療費の支給に関する 事務(母子家庭の母子、父子家庭の父子)
置戸町行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例
◎届出1 置戸町乳幼児等医療費の助成に関する条例による医療費の助成に関する事務
◎届出2 置戸町重度心身障害者及びひとり親家庭等医療費の助成に関する条例による医療費の支給に関する事務(重度心身障害者)
◎届出3 置戸町重度心身障害者及びひとり親家庭等医療費の助成に関する条例による医療費の支給に関する事務(母子家庭の母子、父子家庭の父子)