共同工房

 オケクラフトの作り手になるため研修を終えた塾生たちが、自身の工房を持つまで最大3年間使用し、製作に取り組める場所です。
1995年(平成6年)に建築された本工房は、3室の個人工房と塗装室、共同スペースからなり、作り手がそれぞれ製品に応じた作業ができるようになっています。今までに18人の作り手に利用され、現在は3人の作り手が利用しています。
このページの情報に関するお問い合わせ先
オケクラフトセンター森林工芸館TEL:0157-52-3170FAX:0157-52-3388