認定農業者

 認定農業者制度は、農業経営基盤強化促進法に基づき、市町村が地域の実情に即して効率的・安定的な農業経営の目標等を内容とする基本構想を策定し、この目標を目指して、農業者が自らの経営を計画的に改善するために作成した「農業経営改善計画」を市町村が認定し、その計画達成に向けた取組みを関係機関・団体が支援する仕組みです。

認定農業者の流れ

  • 性別、専業・兼業の別などを問わず、どなたでも認定が受けられます

1.農業経営改善計画の作成

  • 5年後の目標と取組み内容
  • 経営規模の拡大
  • 生産方法の合理化
  • 経営管理の合理化
  • 農業従事の態様の改善

2.町へ申請

3.認定基準

  • 町の基本構想に適しているか
  • 農用地の効率的・総合的な利用に配慮しているか
 (生産調整に取り組むことが必要です)
  • 達成できる計画か

4.認定

国、都道府県、市町村等から支援を受けられます。

主な支援措置

  • 指定野菜価格安定対策事業
  • 肉用牛肥育安定対策事業
  • 農地の面的集積促進
  • 融資主体型補助
  • 機械・施設のリース料助成
  • 農業経営基盤強化準備金制度
  • 制度資金無利子化措置
  • 無担保・無保証人クイック融資
  • 水田・畑作経営所得安定対策(詳細は下記リンクを参照ください)
  • 農業者年金の保険料補助(詳細は下記リンクを参照ください)
このページの情報に関するお問い合わせ先
置戸町役場TEL:0157-52-3311FAX:0157-52-3353