学術自然保護地区”春日の風穴

 2005年12月2日、置戸町春日にある「風穴地」が北海道の「学術自然保護地区」として指定を受けました。この指定は、学術的に価値のある地区を保護するために指定をするもので、区域は486haとなっています。
 北海道が学術地区を指定するのは17年ぶりで、23か所目となります。
学術自然保護地区の指定を受けたことで、地区内における植物の採取や動物の捕獲、火入れ等、道条例により、自然を損傷する行為をしてはならないこととなっています。
 今後は、保護標識の設置や自然保護監視員の巡視等が行われます。また、指定区域は、道有林内のため、通常は施錠されているので、入林する場合は網走東部森づくりセンターに届け出る必要があります。

網走東部森づくりセンター
北見市青葉町2番の10
電話番号:0157-24-6276
このページの情報に関するお問い合わせ先
置戸町役場TEL:0157-52-3311FAX:0157-52-3353