”春日の風穴”について

 この地域は、春日の中山道有林内(網走東部森づくりセンター管理)で、市街地から約16キロメートルの位置にあり、常呂川と仁居常呂川に挟まれた溶岩台地に形成された中山の南斜面に広がる森林で、氷河期の遺存種といわれるナキウサギが生息しています。
 また、森林はトドマツ、アカエゾマツにイタヤカエデなどが混在する針広混交林を主体とし、一部にアカエゾマツの群落が見られます。
 所々に露出した岩石堆積地の周辺には厚いマット状に発達したコケ類が覆い、その上に針葉樹林が成立し、林床にはミヤマハンショウヅル等の亜高山から高山性の植物が生息する風穴植生が見られるなど、ナキウサギの良好な生息環境が維持されていることなどが特徴の地域で、学術的な価値があり、保護する必要があると判断されたため、保護地区指定となりました。なお、この地区の一部は、昭和50年に学術研究や森林施業の参考とするため、道有林保護林設定要領に基づき「ナキウサギ生息アカエゾマツ保護林」に設定がされています。
風穴は、斜面に重なり合った岩石のすき間から空気が入り込み、岩石の間で冷やされて下方の穴から吹き出て独特の植生が広がっています。
このページの情報に関するお問い合わせ先
置戸町役場TEL:0157-52-3311FAX:0157-52-3353