鹿の子沢

 置戸市街から約13km、鹿の子ダムの下流に「鹿の子沢」があります。往復1時間30分程度のハイキングコースは、一年を通じ幅広い年齢層のかたに親しまれてきました。
角度、季節によってその表情を変える「虹の滝」「糸ひき滝」、全国の巨木100選にも数えられ、樹齢200年を超える「三本柱」、そして「忍び岩」「雲突岩」「屏風岩」など天然の奇岩に、誰もが自然の神秘を感じることでしょう。
散策の途中では、数多くの鳥や高山植物を見かけます。
小川が流れ木が生い茂る「鹿の子沢」の恵まれた自然環境を、このままの姿で次世代に引き継いでいかなければなりません。

(1)虹の滝

 直下13m、玄武岩の断崖から流れ落ちています。
季節、場所により、様々に変化するその姿は駐車場からも見学でき、記念撮影の場所としても最適です。時折見せる、飛沫に浮かぶ七彩の虹は幽玄そのものです。

(2)三本桂

樹高28m、幹周300cm、推定樹齢200~299年。

 根元から株立ちにより三本の大木が生立し空高くそそり立つ姿は、地域のシンボルとして多くの人に親しまれてきました。この三本桂は、平成12年に林野庁が選んだ未来に残すべき巨樹巨木「森の巨人たち百選」に選ばれました。(所要時間 約10分)

(3)忍び岩

 山崩落盤石の堆積によってできた洞窟。
内部は20畳ほどのスペースがあり、岩壁には、仏様の壁画が描かれています。ハイキング途中の休憩場所としても利用されています。

(4)雲突岩

 高さ約60mの大きな一枚岩、険しく切り立った岩肌は圧倒的なスケールで見る者を魅了します。岩肌に見られる削磨の跡は、その昔、常呂川の逆浪によって削られたものです。

(5)糸ひき滝

幅7m、高さ約15m。
 飛沫がほとんど上がることもなく、岩肌を滑るように穏やかに流れ落ちる姿は、あたかも細い糸のようです。(所要時間 約20分)

(6)屏風岩

 岩で作られた屏風のようなその姿。
ここまで登ってきた人々が、小石を積み上げ願いごとをかけて心を癒す場所ともなっています。

(7)展望台

 視界が開け、眼下の田園風景や、周りの山々を望むことができます。あたりを見渡すと、今まで歩いてきた鹿の子沢風景林と展望台周辺一般林の違いにも気づかされることでしょう。(所要時間 約30分)
鹿の子沢
このページの情報に関するお問い合わせ先
置戸町役場TEL:0157-52-3311FAX:0157-52-3353