介護保険高額介護サービス費の負担上限額が変わります

お知らせ

 介護サービスを利用する場合にお支払いいただく利用者負担は、月々の上限額が設定されおり、上限額を超えたときには超えた分が高額介護サービス費として払い戻されます。
 「住民税課税世帯の方」で上限額が「37,200円(月額)」に区分されていた方は、介護保険制度改正により、平成29年8月のサービス利用分から「44,400円(月額)」に引き上げられます。
 ただし、介護サービスを長期に利用している方に配慮し、同じ世帯の全ての65歳以上の方(注1)の利用者負担割合が1割の世帯は、年間446,400円(37,200円×12ヶ月)の上限(注2)が設けられ、年間を通しての負担が増えないようにされます.

(注1)同じ世帯の全ての65歳以上の方は、サービスを利用していない方も含まれます。
(注2)年間446,400円の上限額は、3年間の時限措置です。
 (医療保険制度の現役並み所得者に相当する方は、年間上限額の設定はありません。)