No.18「杓子・杓文字類」

ブックレット「日本の手仕事道具集」 No.18 「杓子・杓文字類」

ブックレット「日本の手仕事道具集」 No.18 「杓子・杓文字類」
 「日本の手仕事道具‐秋岡コレクション」ブックレットNo.18「杓子・杓文字類」では、生活の中から生まれた道具である杓子と、生活を支えた道具である杓文字を紹介しています。
 「杓子」という言葉そのものは平安時代からあるとされていますが、広く一般的に使用され始めたのは中世末頃と言われています。古くは「カイ」と呼ばれ、このカイは「貝」からきており、木杓子が普及する以前では貝に柄をつけた「貝杓子」が一般的であったことを意味しています。また、しゃもじは漢字では「杓文字」と書き、元々は杓子の女房詞であり、古くは杓子もしゃもじもその言葉に区別はなく、同じものを意味する言葉であったとされています。
 白黒114ページ、税込頒布価格は1,500円(地方発送時送料別途)となります。購入をご希望のかたは、森林工芸館にてお求めください。
このページの情報に関するお問い合わせ先
オケクラフトセンター森林工芸館TEL:0157-52-3170FAX:0157-52-3388