No.16「箸、カトラリー類」

No.16「箸、カトラリー類」では、食事の際に使われる箸と、スプーンやフォークなどのカトラリーについて取り上げています。ただの日本の棒である箸は、人の手が加わることによって完成し、道具としての役割を果たします。そもそも箸は、中国から伝来したと考えられ、日本の文化の中で多様に変化していきました。
No.16「箸、カトラリー類」はカラー解説ページを含めた全211ページ、税込頒布価格は2,000円(地方発送時送料等別途)となります。購入をご希望のかたは、森林工芸館までお問い合わせください。
このページの情報に関するお問い合わせ先
オケクラフトセンター森林工芸館TEL:0157-52-3170FAX:0157-52-3388