自然コーナー

自然コーナー
 置戸には、いまも自然がいっぱいあります。
総面積の83%を占める森林地帯には、いまも熊や鹿が住み、小鳥や植物の数も豊富です。自然コーナーは、これら動物のはく製や、植物の標本、写真を展示した楽しいコーナーです。
 葦等の繁茂していた沼地であったことを証明する沼鉄鉱(高師小僧)は、北光から収集しました。
 また戦時中多くの人が働いていた北光野村鉱業の水銀鉱石や、昭和30年代春日の山奥で探鉱が行われていた春富鉱山の鉱石等も展示しました。
 氷河時代の残存種といわれるナキウサギは、昭和3年置戸で最初に発見され、現在も生棲していますが、残念ながらはく製がなく、展示することはできません。
このページの情報に関するお問い合わせ先
置戸町役場TEL:0157-52-3311FAX:0157-52-3353