軽四輪自動車等(三輪以上の軽自動車)

(1)税率について

車検証の最初の新規検査月日によって税率が異なります。
ア.車検証の最初の新規検査月日が平成26年度以前の車両については旧税率のままです。
イ.車検証の最初の新規検査月日が平成27年度以降の車両については新税率となります。

(2)経年車への重課税率について

賦課期日(毎年4月1日)現在で、車検証の最初の新規検査月日より13年経過した車両については、重課税率が適用されます。
 
平成29年度→車検証の最初の新規検査月日が平成16年3月以前の車両が対象
平成30年度→車検証の最初の新規検査月日が平成17年3月以前の車両が対象
(1)、(2)の税率の詳細については、下記のとおりです。
種別A.最初の新規検査月日が平成26年度以前 (旧税率のまま)B.最初の新規検査月日が平成27年度以降 (新税率)C.最初の新規検査月日から13年経過(重課税率)
軽自動車三輪3,100円3,900円4,600円
四輪以上乗用営業用5,500円6,900円8,200円
自家用7,200円10,800円12,900円
貨物用営業用3,000円3,800円4,500円
自家用4,000円5,000円6,000円

(3)新税率について

平成29年度課税

 最初の新規検査年月日が平成27年3月31日以前の車両は、旧税率となります。
また、車検証の最初の新規検査年月日が平成16年3月以前の車両は、重課税率となります。
平成27年4年1日以降に初めてナンバー交付を受けた車両は、新税率となります。
ただし、三輪及び四輪の軽自動車で、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、グリーン化特例(軽課)が適用されます。(適用条件等については下記に記載)

(4)グリーン化特例(軽課)について

 平成28年4月1日から平成29年3月31日に最初の新規検査を受けた車両で、一定の環境性能を有する軽四輪等について、その燃費性能に応じたグリーン化特例(軽課)が適用されます。
※平成28年度軽自動車税でグリーン化特例(軽課)を受けた車両については、平成29年度軽自動車税は、新税率で課税されます。

ア.適用期間:平成28年4月1日~平成29年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両
イ.軽課年度:平成29年度
ウ.対象及び軽課割合:下記のとおり

軽乗用車

対象車 内容
電気自動車等 税率を概ね75%軽減
平成32年度燃費基準+20%達成車 税率を概ね50%軽減
平成32年度燃費基準達成車 税率を概ね25%軽減

軽貨物車

対象車内容
電気自動車等税率を概ね75%軽減
平成27年度燃費基準+35%達成車税率を概ね50%軽減
平成27年度燃費基準+15%達成車税率を概ね25%軽減
注:「電気自動車等」:電気自動車及び天然ガス自動車(ポスト新長期規制からNOx10%低減)とする。                  
ガソリン車・ハイブリッド車は、いずれも平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)に限る。  

軽課を適用した場合の税率

区分標準税率グリーン化特例(軽課税率)
(平成27年4月1日以降に(平成29年度)
新車登録された車)25%軽減50%軽減75%軽減
軽自動車三輪3,900円3,000円2,000円1,000円
四輪以上乗用営業用6,900円5,200円3,500円1,800円
自家用10,800円8,100円5,400円2,700円
貨物用営業用3,800円2,900円1,900円1,000円
自家用5,000円3,800円2,500円1,300円
このページの情報に関するお問い合わせ先
置戸町役場 町民生活課TEL:0157-52-3315FAX:0157-52-3353